美容室のギモン

2015.11.04

ナタリーの山田です。

美容室でパーマをかけていると、まぁ何となく流れに身を任せて何をつけているのか(薬の種類)わかりませんよね?

ただ薬を二種類つけて終わりっていう訳ではないんです!!

やり方・つけるタイミング・何を順番につけるのか?意外と計算されてやっていますので軽く説明します。IMG_20151102_195929巻き終わって薬をつけて時間を置いている状態です⏳

この間に髪の毛の中は薬が反応して結合が切れはじめています😨

コスメ系(化粧品登録)のパーマ液なので弱い方ですが少なからず薬を使っているのでダメージをしてしまいます😢

そのダメージをより軽減させるためにこの後の行程がとても大事になってくるんです✨

それで、髪の毛が良い感じに反応してきたら…IMG_20151102_200508最初の薬が残らないようにぬるま湯で優しく流します。IMG_20151102_200515しっかりと…IMG_20151102_200518仕上がりが楽しみすぎて変な笑みが出てますね(笑)

それから~席に戻って。IMG_20151102_200143こちらがヘマチン。

役割としてはダメージの原因となるアルカリ剤を分解してくれます✨

先ほど流しきれずに残ったアルカリをなるべく残さない為です。IMG_20151102_200828塗布していきます。IMG_20151102_200842しっかりと…

そしてそのあとにIMG_20151102_200201バッファー剤です。

役割としては髪の毛のphを酸性に戻してくれます✨

髪の毛はお肌と同じ弱酸性ですからね✨IMG_20151102_201309ちゃんと裏までしっかりと‼

そしてその後に切れてる結合を戻す薬をつけて…パーマは完成されます✨

結合を切って戻すだけじゃなくて、意外といろいろ拘ってやっています!!

こういう説明をすると、「初めて聞きました~」なんて声を聞くのでまとめてみました。

極力ダメージは避けたいですからね…

これからもまだまだ勉強したいと思います!!

でわ。。。

つくば 美容室 ナタリー

029-886-9787

Categories|Blog

ページの上部へ戻る